治療を受ける患者さまへ
保険治療について
保険治療(接骨院・整骨院)

接骨院・整骨院では保険治療を受けることができます。
ただし、一般の外科病院などの治療と区別される部分がありますので、ご注意ください。

保険治療が可能な場合は、

  • 保険証を治療希望する接骨院・整骨院(柔道整復師)にお持ちいただき、窓口にご提示ください。
     ※柔道整復師は医師ではありません。柔道整復師試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けた人です。柔道整復師は外科手術やX線検査、および薬品の投与等に代表される医療行為を行うことはできません。したがって、健康保険が適用される施術の範囲は、医師に比べかなり限定されています。
  • 整骨院・接骨院から提示される「療養費支給申請書」には必ず、受診者自身が被保険者名(患者さんまたは、患者さんの世帯主)の署名をしてください。
     ※柔道整復師が保険者(健保組合等)と受領委任の協定または契約を結び、 本来患者さんが自分の加入している保険組合に請求すべき療養費を、患者さんに代わって柔道整復師が請求代行をする制度です。これにより、療養費請求のかかわる患者さんの手間ひまが省け、利便性が保たれています。署名は「柔道整復師に保険診療の請求を委任します。」ということです。
  • 問診にて、怪我(痛み)の原因や怪我をした日時などを尋ねられますので、なるべく具体的にお答えください。怪我(痛み)の原因によっては、保険治療が適用されない場合があります。
  • 治療を受け、窓口にて療養費の自己負担分をお支払いください。
     ※被保険者(患者さん)は、自己負担金に相当する金額を、来院時に窓口で支払います。
    一般の患者さんで療養費の3割の金額となります。高齢者の患者さんは、自己負担額なしや、療養費の負担割合の軽減があります。お持ちの保険証に負担割合の記述がありますので、ご確認ください。
  • 継続治療を受けられる場合、毎月保険証の提示と「療養費支給申請書」には必ず、受診者自身が、被保険者名(患者さんまたは、患者さんの世帯主)の署名をしてください。

◆ご注意ください。(整形外科との併用)

同一の負傷について同時期に整形外科の治療と柔道整復師の施術を重複並行的に受けた場合、原則として療養費(接骨院・整骨院の柔道整復師の施術)は保険の対象とはなりません。

◆ご注意ください。(骨折・脱臼の場合)

接骨院や整骨院での骨折、脱臼治療を希望する患者さんは、医院にて医師の同意(接骨院・整骨院での治療の許可)が必要となります。
応急処置で行う骨折、脱臼の疑われる治療を受けた場合。
その後、医院にて骨折、脱臼であることの診断が(接骨院や整骨院での骨折、脱臼の継続治療を希望する患者さんは)必要となります。

◆ご注意ください。(患者さまの加入されている健康保険から、治療の内容や来院回数について照会や問い合わせがあった場合)

厚生労働省の通達において、「保険者(健康保険)等は、療養費の支給を決定する際には、適宜、患者さんに施術の内容および回数等を照会して、施術の事実確認に努めること」とされており、患者さんの照会に対する回答内容と、柔道整復師からの保険請求内容に差異が認められた場合、保険給付を行わない等の対応をする場合がありうるからです。

照会がありましたら、接骨院・整骨院の先生に正確な治療内容をご確認のうえ、回答してください。接骨院・整骨院では各患者さんの治療の内容を記述した施術録(カルテ)が必ずあります。施術日数などもキチンと管理していますので、うろ覚えで回答をすると保険取扱は認められなくなる場合もあります。

◆ご注意ください。(交通事故、労災事故での治療を希望される場合)

原則、健康保険治療の対象とはなりません。 交通事故は「自賠責保険」、労災事故は「労災保険」から治療費は支払われます。 「自賠責保険」、「労災保険」のお取り扱いの有無については接骨院・整骨院の直接お問い合わせください。

保険治療(針灸・マッサージ)

針灸・マッサージ院では、保険治療の取り扱いのある場合、保険治療を受けることができます。

保険治療(接骨院・整骨院)の1~5までは、同様の扱いとなります。
ただし、保険治療を希望する場合は、(針灸・マッサージ治療を認める)医師の同意書が必要となります。同意書の用紙等は、針灸院・マッサージ院に用意されていますのでお尋ねください。
患者さまの掛り付けの外科医院等で、同意書をいただいてください。

◆ご注意ください。(医師の同意は、3カ月毎に必要となります)

慢性疾患(慢性腰痛症、五十肩、神経痛、リューマチ、後遺症等)で、治療が長期に及ぶ治療の場合、3カ月毎に医師の同意が必要となります。

◆ご注意ください。(保険適用となる症状は、条件があります)

すべての治療が、保険適用となりませんので、具体的には針灸院・マッサージ院の問診時にお問い合わせください。保険適用となるものは、原則「慢性疾患」と認められ医師の同意が得られた場合です。
保険治療の条件を、満たさない場合は自費治療となります。

自費診療について
自費診療(接骨院・整骨院・針灸院・マッサージ院・整体治療院 等)

患者さまご自身の希望で受けられる治療です。
接骨院・整骨院・針灸院・マッサージ院が、保険治療と並行して行う場合もあります。
自費診療を専門にしている治療院(カイロプラクティス等代替え医療等)もあります。

カイロプラクティック (Chiropractic) とは、代替医療のひとつ。1895年アメリカのダニエル・デビット・パーマーによって確立された。WHO(世界保健機構)によって認可されている。

保険治療と比べると、料金はやはり割高(全額自己負担)となりますが、じっくりと専門の治療を希望される場合は保険治療とは違う満足感を得られるのも事実です。

整骨院様専用レセプト発行ソフト 一本背負い 一本背負いの機能拡張版。財務やLAN対応可能。 BOOSTER柔整 街の治療院に広告掲載しませんか?
大切にします、プライバシー